インターネットの情報ばかりチェックする人

病気が分かった時にひたすらインターネット検索ばかりする人がいます。
同じ病気であっても状態には個人差があるので、必ずしも誰かの治療法が参考になるわけではありません。
あまり情報を入手しすぎるのも問題なのかもしれません。
医師としっかり相談をした上で治療方針を決める必要があります。
それなのにインターネットでの情報ばかり提案する患者がいるので、医療スタッフは面倒だと感じてしまうこともあるようです。
参考程度にして、また情報をチェックしすぎないようにすることも大切なのかもしれません。
もしも治療方法に不満がある場合には、セカンドオピニオンを行ってみるとよいでしょう。
今は医師もセカンドオピニンにあまり否定的ではなくなってきています。
納得をした上で治療を行って欲しいという希望もあるので、医師がセカンドオピニオンを薦めることもあります。
インターネットに書かれていることだけを信じることがないように、情報の制限も必要かもしれません。