病気と闘っている子どもの兄弟のこと

病気を抱えている子どももいます。
その子どもの兄弟のことはあまり配慮されていない、というのが事実でしょう。
本来であればケアをしっかりと行わなければいけません。
最近では病児の兄弟のケアを積極的に行っている医療機関もあります。
親が病児にかかりっきりになってしまい、心に傷を負ってしまう場合もあります。
病児にばかり目がいってしまう親もたくさんいるので、兄弟のことまで手がまわらないこともあるようです。
預かってくれる親族がいても、親のほうがよいということがあります。
医療機関が兄弟のことまでしっかりとケアをするシステムを構築しなければいけないのかもしれません。
感染症予防のため、病児と面会をすることができない医療機関が多いのですが、面会をすることができるスペースを設けるなどの配慮が必要となるかもしれません。
色々と工夫をして病児の家族のケアを行っていくこともこれから考えていく必要が出てくるでしょう。
病児だけが大変というわけではありません。