高度で新しい医療機器や検査を担当

病気の診断に必要な検査を行っているのは、臨床検査技師です。
検体検査を行うために、患者さんの血液や尿などの検体を採取、回収した後、成分を調べて、病気の有無や病状を調べます。
その後、患者さんのデータを入力して報告書を作成したり、心電図の検査などの生理機能の検査を行います。
結果をまとめたり、機器のメンテナンスをしたり、当直担当者への引き継ぎなどが1日の臨床検査技師の仕事の流れです。
医療機器を扱うスペシャリストが、検査技師とは違う臨床工学技士です。
手術を安全に行うため、機械が正常に動作するのか、手術室で麻酔器などの医療機器の点検を担います。
入院患者さんが使用中の人工呼吸器、モニターに異常がないか、病棟内の巡回も行います。
また、体内にペースメーカーを入れた患者さんも外来には訪れますから、機器のメンテナンスも担います。
人工呼吸器や人工透析器など、病院で使用している医療機器の組立から操作、保守や点検を一挙に担うだけでなく、患者さんの状態を観察したり、記録したり、データ管理までが仕事内容です。