地域では連携プレーで高齢者を支えている

在宅医療と病院との関わりは深いものの、そこには介護サービスが付帯されています。
在宅医は、定期的に患者宅に訪問して診療を行う存在です。
在宅医療は、多職種による連携が必須と言われています。
また病院は、入院時から退院後の治療計画について話し合う場所で、急変したら入院できる対応でサポートします。
在宅医療を受けるのは、高齢者が中心ですので、医療行為だけではなく、訪問看護師による看護ケア、リハビリテーションなどの介護サービス、そのサービスを受けるためのケアマネジャーによるケアプラン作成など、様々な専門職の関わりが必要なのです。
また、高齢者の在宅生活を支える制度、地域包括ケアシステムの構築が今、急がれています。
今、図られているのは、医療と訪問看護、介護、リハビリテーションとの連携強化はもちろん、要介護状態とならない予防の推進、高齢者になっても住み続けられる住まい整備などまであります。
保健師や社会福祉士などまでが支援に乗りだしています。

https://pur-esprit.com/
守山区で医療行為もできる訪問介護を依頼されたいという方はピュールエスプリットへご相談ください。

歯科技工業界から高い評価を得た充実の3年制教育
2年制教育では身につかない技術・知識がしっかり身につく!

オーダーメイドで治療する一宮市の接骨院
痛みに合わせて治療いたします

治療や薬で改善されない慢性痛に

最新記事