増加をする訪問看護の需要とスタッフ

介護を必要としている人が増えています。
介護施設で対応をしてくれることもありますが、自宅で介護をしなければいけないということもあるでしょう。
高齢者だけではなく、ガンなど完治をすることが難しい疾患に罹患をした人や病児を抱えている家庭など訪問介護を必要としている人は年々増加をしています。
自宅で介護をするともなると訪問看護を受けることになります。
そのため、訪問看護のスタッフ不足も問題になっています。
自宅で介護をしている場合、365日24時間体制で対応をしなければいけないので、対応に追われてしまうということもあるでしょう。
休む時間も確保することができなかったり、食事の時間も取ることができない場合もあります。
介護を必要とする家庭が増えるということは、そのためのスタッフの負担が増えるということでもあります。
規定回数があってその回数しか利用をすることができないことに不満を持っている人もいるようですが、スタッフ不足が解消されなければ根本的な解決にはなりません。